FAVEUR GARDEN


球根とクリスマスローズの5月のお庭です




大好きな 真っ白なクルマバソウ♡


GARDEN & GARDEN


ただいま発売中の雑誌 Garden&Garden に
FAVEURのblogを少しだけご紹介いただきました。



一緒のページにいつも フルーツハーブティーをご注文下さるお客様のブログも♡
とても記念になりました。
小さな小さな 私の庭を いつもヒーリングガーデンと読んでくださるライターさん。
それが とても嬉しいです。 ありがとうございました。

FAVEUR

BLACKSPRUCE


優しい優しいバームの会


今月も ご要望があり バームの会を開きました。
可愛らしいお客様も一緒です。
みなさん お子さんのために 優しいバームを作りに来てくださいました。
蜂さんの作り出すミツロウと、シアバター。そして キャリアオイルと精油を選んで。

今回は 今アトピーの炎症抑制の効果で注目されているブラックスプルースの精油も
使いました。マツ科のクロトウヒ。深い森の香りがします。
成分は 酢酸ボルニル。ラベンダー精油の時にも登場した成分です。
キャリアオイルは カレンデュラやホホバ、ククイ、ヘンプシードなど、
お子さんそれぞれに合わせて選んでいきます。

先日もまた お子さんの皮膚のお写真を送ってくださり
ずっとステロイドをつけてきても よくならず 
FAVEURに ご相談をくださった方がいらっしゃいました。
お子さんを想うお母さんの気持ちをお伺いして バームを使っていただきました。
数週間後 綺麗になってきたお肌のお写真が届いた時には 
鳥肌が立つくらい嬉しかったです。
野球をやっているお子様だそうで、これでバットを持つ手も痛くないですね♡
顔が見えない私のもとへ お写真を送ってくださったり ご相談くださり
本当にありがとうございました。

どうぞ 優しいバーム 作りに来てくださいね。
日程はご相談ください。

FAVEUR

SLOWLY


今年も4月に雪が降りました



せっかく蕾をつけた 球根のお花たちが可哀想で。。
このあとけっこう積もってしまいました
雪を ほろいたくなる気持ちを抑えて。。

お庭をはじめて最初の頃は 早く雪がなくなってほしくて 植物に良かれと思い
バラの根元を スコップでかいてみたり 手で雪をかいてみたり。
だけど 誤って枝を折ってしまったり せっかく出てきた草花の小さな芽を雪と一緒に摘んでしまったり・・ということが何度もありました。
急いで手をくわえても 逆効果だったのです。

いまは 自然にゆっくり 雪がとけていくのを見守ります。
植物は 雪の重さに耐えるしなやかさを持っています。自然にとけていくのを待つのが
一番なんですね。

私たち人間もこの自然界の一部。
つい急いで結果をもとめがちですが
自然の流れに任せて ゆっくりが 本当は合っているのかもしれないですね。

FAVEUR

LEMON



忙しい年度末を終え 新学期や新しい職場、移動の時期ですね。
入学式や新学期を迎え 慌ただしい日々が続きますね。
子供たちも たくさんの書類を持って帰ってきます。
春休みがおわり気持ちの切り替えもしてほしい。
最近 私が 毎朝 焚いているのは レモンの精油。
脳を刺激してリフレッシュできるので頭がぼーっとしているときや1日が始まる朝にピッタリな香りです。冷静な判断や記憶力、集中力を高めてくれるので お勉強のときにも
軽く焚いておくのもおススメです。
またレモンは 抗菌作用にも大変優れているので 室内の空気も清浄します。
フランスの研究ではレモン精油が空気中の菌を殺す殺菌作用も発表されています。
入園などで たくさんのお友達と接する機会が増える春に 少し安心かもしれません。
(もちろん ティーツリーも使えますよ♡)
レモンの精油には光毒性があるので トリートメントで使う場合は 
使用直後に日光に当たるのはお控えくださいね。芳香浴で焚くのは全く問題ありません。
ブレンドでおすすめなのは ラベンダーやローズマリー。
特にラベンダーとのブレンドは おススメです。
ディフューザーに レモン3滴、ラベンダー1滴 是非 お試しください♡

集中力を高めて意欲的に活動したいときに。レモンの精油で
すがすがしい朝をスタートさせてくださいね♡
この時期乾燥していますので 加湿も大事です。

季節の変わり目 温かいハーブティーと お気に入りの香りで 
みなさんが自分らしく過ごせますように。

FAVEUR


FLOWER REMEDIES

自然療法には色々な種類がありますが 
その中でも私が一番感銘をうけたのが このフラワーレメディでした。


身体の状態や症状に対して選ぶ、ハーブやアロマとは 違い
草花から作ったエッセンスを飲んで心を癒すフラワーレメディは
自分と向きあい、今ある感情や精神面をみて 選択していきます。
野の草花が心のゆがみを整えて、バランスを取り戻す手助けをしてくれます。

バッチフラワーレメディは 英国の医師で細菌学者でもるエドワードバッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。
博士は医師として数多くの患者さんと接する中で、
いくら薬を与えてもなかなか回復しない患者さんがいることに直面します。
患者がいくつかの気質に分類できると感じたのです。

不調は 細菌や寒さや熱など、外部の影響ばかりではなくて 
原因の多くは私たちの内側、感情や心にあると考えました。
病気の裏には 私たちの「恐れや不安、心配事、好き、嫌いの感情」が潜んでいると
考えたのです。
そして野生の草花にこそ、心や感情を癒す力があると信じ、
自身も癌と闘いながら長い年月の研究の結果38種類のフラワーエッセンスを完成させました。
38種類の中から その時の自分の感情の状態に対して選択します。
依存性や副作用もなく、妊婦さんや病気で投薬中の方、動物にも使うことができる
優しいセルフケアです。
今では世界70か国以上で 80年余りにわたって使い続けられています。
アボリジニは 古くからフラワーレメディを飲んでいたとも言われています。
まさに スピリット、魂に働きかけるものだと私は思っています。
簡単に38種類の草花を 少しずつご紹介させてくださいね。

1.アグリモニー (本心)
人に弱み・悩みを見せられない うわべは快活、内心はなやみでいっぱい
 → 内なる平和、本心が出せる 自然体で人とお付き合いができる

2.アスペン (安らぎ)
いつも胸のあたりに不安がある。漠然とした不安や恐れがある。
 → 原因に向き合う 安らぎを得る

3.ビーチ (寛容)
人にいつも批判的な態度でイライラしている。長所をみつけられない。
→ 人に優しくできる 謙虚になる。

4.セントーリー (自己主張)
嫌と言えない 断れない お人好し。
→ 自分を主張し、自分らしい人づきあいができる

5.セラトー (指針)
自分の考えに自信がもてずいつも周りの意見に左右される、依頼心が強い。
→ 自分の考えに自信が持てるようになり 指針がもてる。

6.チェリープラム (自制心)
自分の気持ちや行動をコントロールできない。
→ 落ち着いて感情に流されず自分をコントロールできる。

7.チェストナットバッド (判断力)
同じ失敗を繰り替えすことが多い
→ 過去の経験から学べるようになる。客観性がもてる。

8.チコリー (手放す)
愛情欲求が強い。感謝や対価がないと不満を覚える
→ 見返りを求めず 広い愛情をもてる

9.クレマチス (集中力)
空想的でいつもぼーっとしている。うわのそら、夢見がち
→ 地に足がつき、集中力を持てるようになる

10.クラブアップル (清浄)
神経質で自己嫌悪に陥りやすい。自分の存在や容姿を認めることができない。
→ ありのままの自分をみとめることができるようになる。

まずは 今日は 10種類 ご紹介させていただきました。
草花のセルフケア。今年は フラワーレメディの会も行えたらと思っています。
これから少しずつ ご紹介させてくださいね。

FAVEUR




HELLO ELDER


見えますか?
ポットの中に星型の、小さな白いお花。



花粉症対策のエルダーブレンドです。

お湯を入れるとエルダーの小さなお花が開きます♡
とっても可愛いのです。


緑の薬箱、花粉症やアレルギー対策のハーブティー、エルダーブレンドは

一つ一つのハーブを説明しながら お客様ご自身にブレンドしていただき

お持ち帰りいただきます。一つ一つのハーブを見て、嗅いで、味わって楽しむ・・・。
精油の話が終わり、
ハーブの話になると 声がワントーン上がりニヤニヤしだす私です。

やはり私はガーデナーなんだと思います。

サイトからも ご購入いただけます。

FAVEUR ブレンド、#3 のお茶です。北海道は来月から花粉の飛散が始まります。

花粉症が本格的に始まる前から飲まれることをおすすめしています。


FAVEUR

AROMATHERAPY FOR CHILD



アロマセラピーやハーブティーを出産や産後に取り入れる方が増えてきました。
そして産院や病院も増えてきました。



赤ちゃんや母体のことを考えると、なるべく薬は使いたくないという時期ですよね。
小さな赤ちゃんがいるおうちで使える精油も たくさんお問い合わせいただきます。
所属するアロマ団体により定義が違ってきますが、
禁止のほとんどは精油を使ったオイルトリートメントとしてマッサージをする場合。
3歳以下にはマッサージで使わないというところが多いです。
ベビーマッサージでもキャリアオイルのみしか使いません。
ただし、脂漏性皮膚炎、アトピー、すり傷、辛いインフルエンザなどにキャリアオイルで薄めて精油を局所的に使うと効果的な場合も何度かあります。
けれど 通常ご自宅での芳香浴(空間に精油を焚く方法)であれば、可能な精油はたくさんあります。

精油を空気中に拡散させて、鼻から香りと成分を取り入れる方法。
マグカップ1杯のお湯でも始められます。手軽に行えて心身への影響もおだやかです。
精油には空気を浄化させる働きもあるので、お部屋の空気をきれいにすることも
できます。そして子育て中のお母さんもリラックスできますよね。
ハーバルセラピストの勉強中に アロマを取り入れている産院の先生のお話を聞くことができましたが 赤ちゃんの嗅覚は大人より優れていて 生後4~5日の赤ちゃんでも
自分のお母さんの母乳とそうでない母乳を嗅ぎ分けれられるそうです。

芳香浴でお勧めなのは、やはりマンダリン。
ヨーロッパでは 赤ちゃんを迎えるときにふさわしい香りと言われています。
甘いみかんの香りは不安を鎮め眠りを誘います。子供の夜泣きにも使われます。
オレンジスィートではなく マンダリンです。
そして ローズウッド、ラベンダーアングスティフォリア、ティートリー、ネロリ、ベルガモット、ユーカリラィアタなどがおススメです。
FAVEURで良く使っている精油ですね。
ファブールのお客様は ちいさなお子さんをお持ちの方がとても多いのです。

そして 精油以外で
赤ちゃんにおすすめなのは 精油を抽出する時にとれるフローラルウォーター。
芳香蒸留水とも言われます。
アレルギー反応が少ないので精油を肌に使えないこの時期にとても役立ちます。
おすすめは カモミールウォーター、ラベンダーウォーター、ローズウォーター。
とくにカモミールは 皮膚の赤みや痒みでご相談のあるお子さんに スプレーでお配りしています。みなさん自然の手当で健やかになられていますよ♡
おむつかぶれにも ラベンダーウォーターやカレンヂュラオイルが使えますよ。
ワセリンやステロイドに頼る前に 自然のものがたくさんあります。
残念ながら、ワセリンも石油由来です。

香りの記憶は 大脳に刻まれます。
大人になっても香りで、なつかしい出来事や場所が思い出される事がありますよね。
優しい香りと共に お母さんの記憶が残るのもまた素敵なことです。

まずは 1滴ずつ。精油やハーブは 自分自身の力を高めて心身を癒す
とても素敵な自然療法です。香りのある素敵な子育てを楽しんでくださいね。

FAVEUR




ROSE PETAL

ローズペタル。なんて可愛いんでしょう。

もう何年も前にお友達から譲り受けたお皿が似合う。
そして、とっても良い香り。






PMSや女性サイクルのお悩みで ご相談をうけてブレンドするハーブティーには必ず入れています。
ローズティーは 口から入る成分だけじゃなくその香りも楽しんでくださいね。
バラの香り成分である ゲラニオールやネロールには 女性ホルモンのバランスを整える作用があります。先日、ゼラニウム精油のお話でも出て来ましたね。ローズティーは香りからも生理痛や生理不順などの緩和に有効です。

FAVEURのお庭でもガリカローズを育てています。

ガリカは薬屋さんのバラと呼ばれる薬用種。
収れん、強壮、殺菌、抗炎症、消化促進など 幅広い作用を持ちます。

私の大好きなオールドローズです。

PMSブレンドのメインは、ラズベリーリーフ。こちらも天然の甘さと優しい香り。バラとラズベリー。袋を開けたらまず、香りを楽しんでくださいね♡


FAVEUR

WORK SHOP


先週、ご要望をいただき 緑の薬箱 感染症のワークショップを行いました。
感染症はこれで 時期的におしまい
次の緑の薬箱は 札幌もいよいよ4月。花粉症になります。



今回ワークショップを受けに来てくださった中には 薬剤師の方もいらっしゃいました。
薬の正しい知識と 自然療法 両方使いこなせると素晴らしいですよね。
私は 薬を否定はしていません。医療と並行して行えるのが自然療法のよいところだと思っています。最近、アロマやハーブも看護士さんがお勉強される方が多く、私の資格取得のときも沢山いらっしゃいました。
現場で、薬の素晴らしさと怖さ、両方を知っているからこそなのだと思います。

今回の感染症ワークショップでは 例えば うがい。
医薬品でいうとヨードでのうがいは 私たち特に女性には甲状腺の問題があるので 私としては ヨードが使われている茶色のうがい薬よりも精油をおすすめしています。
ティーツリーとユーカリラディアタ1滴ずつをコップ1杯の水に垂らして使います。
飲まないように注意ですが、おかしいな?という時、早めに使うと とても良いですよ。予防です。とくに小さなお子さんをお持ちのお母さんは 倒れたら大変ですものね。
薬剤師の方も ヨードは心配ですよねと頷いていました。

北海道は まだ感染症の心配があるので 精油のうがいは生徒さんで試してみたい方には 自己責任の下おすすめしています。本州の方は 今花粉症ピークですよね。
帰宅後の精油でのうがいは やはりおすすめです。のどがイガイガしますよね。
そして粘膜を乾燥させないことです。
感染症も花粉症も、お部屋を加湿するのが一番です。

ところで花粉の時期も、感染症の時期も、くしゃみ鼻水鼻詰まりなどのカタル症状が不快なので、ペパーミント精油を使うとスーッとします。
芳香浴で使ってもよい?という質問。
たしかに 一般的な花粉症対策で登場する精油は 
ユーカリ、ティーツリー、ラベンツアラ、ペパーミント、ラベンダーです。
ペパーミント精油は家族構成が大人のみの花粉症や感染症の時期には使って大丈夫です。
が お子さんがいらっしゃる場合は 私はおすすめしていません。
刺激が強く、5歳以下の乳幼児には避けたい精油です。

ディフューザーで焚くような芳香浴であれば そんなに心配することもないかもしれませんが、お子さんを想って精油を焚くのであれば 親子とも安心でリラックスでき、そして効果も抜群な物が良いですよね。 なので やはりずっとお話している ユーカリラディアタ、ティーツリー、ラベンツアラがあれば十分です。芳香浴、トリートメントオイル共に花粉の時期は大人であればこれにペパーミントをプラスしても。
大人であれば ユーカリもラディアタではなくグロブルスも使用可能。

お子さんの場合は 刺激がつよいのでペパーミントのかわりにラベンダーに変更して
芳香浴やトリートメントしてあげてください。ラベンダーがなくても 基本の3本で充分大丈夫です。 ユーカリは お子様にはラディアタ種です。
寝室で焚いてあげると呼吸が楽になりますよ。続けてあげてください。

ペパーミント精油は 他のことで素晴らしい力を発揮しますので
別なところで使ってあげましょう♡ 

これはまた時期がきたら お話させてくださいね♡

FAVEUR









MIST MIMOSA


ミモザの黄色は やっぱり可愛い♡


ミモザのミストは あした発売です。
春を告げるミモザの香り。
ストレスを緩和し、リラックスさせてくれます。
ミモザ精油は 第3,4チャクラにも働きかけます。
調和とバランスをつかさどるチャクラです。
忙しい年度末 ミモザのミストで 自分を取り戻す時間を持てますように

植物本来の天然の香りをお楽しみください

FAVEUR

8.MAR

3月8日 朝から生徒さんのところへ


少しですが、と可愛いミモザの花をいただきました。ビックリ!! 嬉しかったです;;
さっそく お店に飾りました♡
おうちへ帰ったら お友達からも思いがけずギフトが届いていて。。。
幸せな一日でした。

ガーデナーの私が メディカルハーブ、アロマセラピー、フラワーレメディの
勉強を始めたのは 子供や家族の不調からでした。
昔から草花が大好きでしたが その草花が姿を変え、病と闘う人の傍にあるのをみて
とても感動したのが始まります。

お店をはじめて、色々なお問い合わせをいただくようになりました。
これから入院、手術があり その力となるものが欲しい。
心のよりどころになるものが欲しい。
治療の副作用には薬よりも自然のものが自分には合っている気がする。

お問い合わせは、みなさんが自分や家族の心と身体に向き合う大切な第一歩。
一人で考えているより 一緒にお話をするだけで 色々な気づきがあります。

ファブールのお客様の中には今も病院のベッドで頑張っている方もいらっしゃいます。
植物は形を変えて 生きています。 きっと力を貸してくれるはず。

ファブールを始めて 1年。
今日も おうちのベッドで朝起きることができて、
安全な水を飲み、美味しいご飯をいただくことができること。
家族が健康で過ごせていること。
そして 植物と触れ合うことができていること。
全てのことに感謝して また 1年を過ごしていければと思います。


FAVEUR

MIMOSA ABSOLUTE



フランス産の ミモザ精油 アブソリュートです。




ミモザの咲かない北海道。香りだけでもとっても嬉しい♡
明日 3月8日は ミモザの日。そして FAVEURの 誕生日。
ミモザのミストを作ります。

ミモザの精油、学名は Acacia decurrens  科は マメ科。
粘性のある精油です。高価な精油で 2,3gで 3000円くらいの価格です。
濃厚で少しパウダリーな花の香りで 古くから人々を魅了し香料として人気の高い精油です。
香りも強く揮発性も低いので香水や石鹸にも使われている精油です。
成分はフェニエチルアルコール、アニス酸メチル。
ストレスから起こる様々な症状を緩和し、心を穏やかにする働きがあります。
皮脂の分泌もコントロールしてくれるので脂性肌にもよいと言われています。

私は レモンやフランキンセンスとブレンドするのが好きです。
ミストができあがりました。
粘性もある精油なので よく振ってから お使いくださいね
販売は 金曜日の予定です。 お楽しみに♡

FAVEUR



HAPPY 1 th ANNIVERSARY


いつもファブールをご利用いただきありがとうざいます。





秋に購入した球根の開花状況など メールやお写真、とても嬉しいです。
ありがとうございます。そして今週は生徒さんのおうちに、精油を届けたり
バームの作り方を一緒に確認したり、状況を見に行ったりとバタバタと過ごしていました。

みなさん、すっかり改善されて 嬉しい限り。最初にご相談くださったのは去年の7月。
それからコツコツと緑の薬箱を実践されて半年、何年も皮膚科に通っても改善されなかったのが今はお母さんの作るバームでお肌つやつやのお子さん。
また別の方は最初にお会いしたときは、鼻水カピカピ、ズルズル。常に鼻が出ていて喘息がひどいことがお悩みだったお子さんも、お鼻すっきり鼻水なんてなしで走り回っていました。そしてこちらも喘息薬キプレスを飲む回数がとても減っているとのこと。
全てハーブティーと精油を続けてきてくださったからだと思います。

3月8日、ミモザの日 ファブールは誕生しました。
そしてたくさんのお客様に支えられて 1年を迎えることができそうです。
本当にありがとうございます。

アニバーサリーとして ミモザ精油のフレグランスミストを発売します
ガラスのアンバーボトルでお届けします。楽しみにしていてくださいね。
そして私が一番感銘を受けて大切にしている植物療法、フラワーレメディも
少しずつ ご紹介していきます。
植物と共に。
今後とも ファブールをよろしくお願いいたします。

来週は緑の薬箱 ワークショップ&出張アロマを行います
また お問い合わせをいただいていたお客様と バームの会も行う予定です。
私は 小さなお子さんを育てている方にこそ アロマやハーブが必要だといつも感じています。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしていますね。

FAVEUR

BREATH & MEDITATION

今日は 金曜日。
今週は どんな1週間でしたか?
それぞれの1週間の終わり、一日の終わりに 数分でもリラックスできる時間を持てると素敵ですよね。




yogaのポーズの中に 「やすらぎのポーズ」というのがあるのですが
「すべてのヨガのポーズはこのポーズのためにある」と言われているほど大切なのが
この 「やすらぎのポーズ」。
床にただ寝ているだけに見えるこのポーズなのですが 以外に難しい。 何もしない ということ。
日々忙しくしている私たちは どこかに必ず力みがあって全身の力を抜くというのは 実はとても難しい。
それでも、
どこか特別な場所にいくわけじゃない、
時間と静かな場所さえ用意できれば あとは床に身を置くだけ。
* * *
楽に座り、背中、肩、首筋、頭の順に ゆっくりと仰向けに横になります。
両腕 両足を適度に広げ、手のひらは上を向けて。
全身の力を 徐々に抜いて、身体の重みを感じます。
目を閉じて あごの力を抜きます。
鼻でゆっくりと静かな呼吸を繰り返します。
奥歯の噛みしめや 目の奥の力みも ほどいて。
ゆったりと呼吸してみてください。 精油をお持ちの方は
フランキンセンスやベルガモット、ローズウッド、ジュニパー、ラベンダーなど
精油を焚いても。 もちろん精油がなくてもかまいません。
深くゆったりとした呼吸は 心身の疲れを回復させてくれる副交感神経が優位になりリラックスをもたらします。 たった数分の 「やすらぎのポーズ」は 数時間の睡眠に匹敵するほどの効果があると言われています。
おうちのマットの上やベッドの上でできる リラックス法。
お子さんと一緒にするのも 素敵ですよ。
起き上がるときは 軽く伸びをしてから 横向きになって起き上がってください。
そのまま眠ってしまってもOK. 
気になる方は「シャバーサナ」と検索すると色々と出てきますので、 見てみてくださいね♡
深く呼吸することで、細胞レベルでは 無数のミラクルが起こっている。
吐く呼吸で 今週 一週間のネガティブなものを手放してみてください。
温かいハーブティーと 心地よい精油たちが 今日も あなたに寄り添うことができますように


FAVEUR
 

MANUKA



ご注文をいただきました マヌカの会
みなさんのところに少しずつマヌカが届き始めていることと思います。
まずは スプーンで、ひと匙。 是非 毎朝の習慣として続けてみてくださいね♡

アサイーとマヌカハニーとバナナに、ココナッツミルクや豆乳、りんごジュースなどでミキサーにかけると我が家の子供達もペロリと食べてくれます。

新しく発売したネトルのフルーツティーと一緒に購入してくださる方も。

ありがとうございます。

体質改善のサポートをしてくれるネトルと、

代謝をあげて疲労回復のサポートをしてくれるハイビスカスが入っています。
ハイビスカスには 前にも話しましたが 天然のクエン酸がたっぷり♡
是非、マヌカのお供にどうぞ♡

ファブールの全てのフルーツハーブティーに ハイビスカスが入っています。

天然のクエン酸とマヌカ、是非続けてみてくださいね。

こちらの写真のゴブレッドも お手入れしやすくオシャレで可愛いくて

私は大好きなアイテムです。ファブールのサイトでも販売していますので是非♡


色々トアレンジをして マヌカ生活を楽しんでくださいね。


FAVEUR

GERANIUM


マヌカハニーの会 たくさんのご予約有難うございました。
順番に発送していきますので どうぞ楽しみにしていてくださいね。
私は最近 アサイーのスムージーに入れたりして楽しんでいます
色々なレシピで 取り入れてみてくださいね♡

さて、
色々なお問い合わせがありますが今日は女性のためのメディカルハーブについて。
これは思春期、成熟期、更年期など世代によって
様々な不調があるので個人個人に合った精油やハーブの選択が必要ですが
今日は簡単に 一番質問が多い女性ホルモンのバランスを整える精油のお話。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因として一般的に多いのがやはり自律神経の乱れ。
そこでおすすめはバランスの精油ゼラニウム。自律神経を強壮する作用があると言われています。モノテルペンアルコール類を多く含み、自律神経系を安定させることで人間の持っている恒常性(ホメオスターシス)の働きをサポートしてくれます。
ゼラニウムは抗不安作用を持つゲラニオール類も含むので精神の安定にも役立ちます。
私が去年の春、「心も身体も乱れやすい年度末と新生活にバランスのゼラニウムを」 としつこくブログでお話をしていたのはこのためです。
心と身体がアンバランスだと感じるときに。
自分の軸を取り戻してくれる香りバランスの精油、ゼラニウムです。

他にホルモンバランスで選ばれる精油ではイランイラン、カモミールローマン、ローズなどが代表的。精油の場合は苦手な香りだと意味がありませんのでこの中で好きな香りを選ばれるとよいと思います。心地よいと感じる香りが自分の身体が求めている香り。
更年期の問題などに入ってくるとクラリセージ、サイプレス、フェンネルなどの精油が活躍してきますが まずは若い方なら ゼラニウムをおすすめします。
また、思春期のお子様には、精油もよいですが 穏やかに体に働きかけるメディカルハーブを定期的に取り入れるのもよいと思います。
先日も札幌のお客様にPMS対策のハーブティーをブレンドさせていただきました。
ほんのり甘いラズベリーリーフベースです。
女の子は小さなころから冷やさない生活も大事ですよね。
それからやはりバランスのよい食事を心がけ、味噌、豆腐、納豆などの大豆加工食品を摂ることを心がけて、油脂加工食品は控えめに、ジュースなどの冷たい飲料も控えるという生活を心がけてみる。
アロマやハーブだけじゃなく生活スタイルも見直してみるというのも
素敵な暮らしの第一歩だと思います。

今日は バレンタイン。
お気に入りの香りをお部屋に焚いて、素敵なバレンタインをお過ごしくださいね。

FAVEUR

RAVINTSARA OIL


2月になり寒さと乾燥がピーク。様々な感染症が流行ってきています。さらに花粉。

ウイルスは低温で乾燥した空気が大好き。不活性化にするためには50%以上の加湿が一番です。 
加湿しながら精油を焚けるディフューザーは、やはり頼もしいですね。
花粉も粘膜が乾燥していると よけいつらいです。 やはり加湿が大切。 
花粉と感染症、この時期 ディフューザーで焚くおすすめの精油は

1位 ラヴィンツアラ
2位 ユーカリラディアタ
3位 ティートゥリー
4位 ローズウッド です。 

ですが 精油の力を 一番実感できるのは 芳香浴よりも 経皮からの吸収。
リンパを通り 血流に乗せるルートです。 今日は ブレンドオイルの作り方です。



精油を購入してくださる方が多くなってきました。 精油について おさらいです。
精油は 植物の花、葉、果皮、樹皮、樹脂、根、種から抽出され有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。
そして 100%天然のもの。 
雑貨屋さんなどで売っている 合成のアロマオイルとは まったく別のものです。
最低でも遮光瓶に入っていてその植物の学名、産地、蒸留方法が書いてあるものを選びましょう。
うがいやトリートメントとして 身体に取り入れることを考えると
やはり精油の品質が大事になってきますね。 そして 使用上の注意です。

●原液を直接肌につけない(ただし ティーツリー、ラベンダー、ヘリクリサムは自己責任において除く)
●飲んだり、点眼したりしない
●開封後はしっかりキャップを閉めて、お子様の手のとど置かない冷暗所に保管する
●精油は引火性、火気厳禁です。





/////////  ウイルスなんて寄せ付けない ラヴィンツァラの風邪予防オイル ///////////







*材料*


ラヴィンツアラ精油 2滴
ユーカリラディアタ精油 4滴

ティーツリー精油 4滴

ホホバオイル、スィートアーモンドオイルなどの植物オイル 10ml
(5%濃度)



*作り方*



オイルの中に精油をすべて滴下して混ぜます。これを出かける前やお風呂上り寝る前など

1回 3~4滴を胸や のど、背中に 3,4時間ごとに塗ってください。

インフルエンザや風邪にかかってしまった時も

このオイルを 1日3、4回 塗布してください。回復をサポートしてくれます。


私は 風邪かな?という症状が 現れた時は このオイルを作って 胸に塗って寝ます。
すると翌朝 とても楽になります。
子供たちの学校や人ごみ、 電車や飛行機などの 公共交通機関でおでかけする場合も 
手首や首筋、大きな血管のある場所に塗布してから でかけます。

もらってしまった 辛いインフルの時にも 塗ってあげるとよいですよ。 


我が家と緑の薬箱ワークショップでは もう少し濃い濃度をお伝えしていますが

ここでは 5%濃度から 初めて見てください。
もちろん、いつもと明らかに違っておかしいな?という時は
病院へ必ず行ってくださいね。ウイルスなのか細菌なのか診断をつけてもらうだけでも
そのあと使う精油が変わってきたリ対処が しやすくなります。
細菌感染には やっぱり抗生物質。あ、マヌカハニーも併用できますね♡



5歳くらいのお子様の場合や、お肌の弱い方は、精油を半分にするかオイルを20mlに増やしてください。

本格的に塗る前にかならず、製作したオイルでパッチテストしてください。

絶対に原液を塗布しないでください。



精油の取り扱いを確認して 自己責任の下

安全で楽しくアロマテラピーを行ってくださいね




FAVEUR








MANUKA HONEY

ついに花粉の季節が。今年は、マヌカハニーを取り入れてみませんか?



ハチミツの中でも スーパー蜂蜜と呼ばれているのが マヌカハニー。
最近は コスメブランドの 美容液やクリームにも 使われてきていますよね。

ニュージーランドに自生する 癒しの木と呼ばれる マヌカの木から採れます。
先住民のマオリの人たちは、マヌカの葉や樹脂を使い 日常に欠かせない万能薬として利用してきました。

マヌカハニーには UMF という記号がつけられているものがあります。
一定のガイドラインに沿って生産され、トレーサビリティ(生産者を追跡できる)が審査された
認可済みの生産者に与えられます。 数値は、マヌカの抗菌性の高さを表す数値です。
そう。マヌカハニーの特徴は 他の何とも比較できない マヌカ独自の抗菌性です。

この数値は、マヌカに含まれる殺菌成分を消毒薬のフェノール水溶液と比較して数値化したもの。
UMF15+ であれば、殺菌効果は15%濃度のフェノール使用液に匹敵するという意味となります。フェノール水溶液は 病院では1.5~5%濃度で消毒・殺菌のために使用されています。

マヌカの抗菌性を担う成分は 植物メチルグリオキサールです。
メチルグリオキサールは 強い抗菌活性作用をもち、マクロファージの活性化を促進、
マヌカの抗菌性、免疫活性化を裏付けする成分です。
イギリスの医療雑誌に ピロリ菌の繁殖や抑制、殺菌に効果があるという研究結果が報告され
日本でも 胃がんをはじめ ピロリ菌をはじめとした治療に効果的で ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。抗生剤とともに併用してマヌカをとるという病院も増えてきています。
一般のはちみつでは ピロリ菌の殺菌には40%以上の濃度を必要としますが、マヌカはわずか2.5%の濃度でも抑制したという実験結果があります。
このすぐれた殺菌作用は ピロリ菌以外にも 大腸菌、黄色ブドウ球菌、腸球菌などの
悪玉菌などを攻撃してくれます。
また アレルギーや鼻炎にも効果があり、のどの痛みの軽減もあるので これからくる花粉症の時期にも ぴったりです。それが 食品でとれるとなると やはり素晴らしいですよね。


ハーバルセラピストの勉強中に このマヌカのお話がでてきて 我が家も昨年、胃腸炎が流行る少し前からマヌカ生活を始めました。
ものすごく こっくりとした キャラメルのような 濃厚なハチミツです。まず色にビックリ。
我が家では ティースプーン1杯を 大事に 口の中で溶かして食べています。  
私はとくに喉が弱い人なので 乾燥の時期と花粉の時期にはピッタリです。


最後に マヌカハニー、生のハチミツ、すべてのはちみつに言えることですが1歳未満のお子様には ボツリヌス症の発生を防ぐため 蜂蜜はNGです。


マヌカの会。
本日から2月12日まで 10%オフで オンラインよりご予約を賜っています。 
この機会に是非♡

FAVEUR

BREATH

1週間お休みをいただきありがとうございました。




31日までのご注文分は 全て発送させていただきました。楽しみにしていてくださいね。

お問い合わせは順次お返事させていただきますね。

精油の欠品も 来週には 入荷して参りますので お待ちくださいね。
インフルが猛威を振るっていますねー 精油はティーツリー、ユーカリ、ラヴィンツァラ。

ご飯は、生姜と舞茸(笑)しつこくお伝えしますよー♡
そして、よく笑うことです。
NK細胞活性させて、お薬に頼らず自分の免疫あげていきましょうね。
ユーカリは これから来る花粉の時期にも心強いです。

みなさんから 本当に色んな状況、気持ちをお伺いしています。
そんな中で、
今日は 呼吸のお話。

ストレスがあったり集中して仕事をこなしている間、知らずうちに私達の呼吸は浅くなっています。
浅い呼吸は 自己治癒力の低下だけでなく脳神経にも影響を与えます。消化やホルモンの分泌は自分でコントロールができませんが、私達が唯一、コントロールできるのが 呼吸です。

呼吸で自律神経を整えるお手伝いができます。
細胞に新鮮な空気を送ってあげるイメージ。
吐く呼吸を大切に。
吐くと吸えるようになります。
理想の割合は 4-7-8と言われています。吸って、止めて、吐く。吐くが8ですよ。

とめるの、難しいですよね (笑) 私もなかなかできません。

だいたいの目安ですので、無理せず、ゆっくり 少しずつです。


1日の中で 呼吸を意識する時間を持つこと。

職場の休憩の時でも意識して座りながらでも できますね。

更にできたら1日、5分でも 何も考えない瞑想の時間。 

寝る前なんかにリセットの時間があるといいですね。
深い呼吸をしながら よけいな事は考えない。考えちゃったらサーッと流す。

そんな時間に 精油があると尚、よいですよ。自分の好きな香りが一番。

また呼吸を助けるのはフランキンセンスやジュニパーやサイプレス。

リラックスのローズウッドやベルガモット、マンダリン、ネロリ。

心身のバランスを整える精油 ゼラニウムなど 。

自分の好きな香りと 一緒に。。。
日々色々なことがありますが
呼吸と共に自分を取り戻してくださいね。  



FAVEUR